Advent Calendar(アドベントカレンダー)は、クリスマスまでの日数を数えるために使用されるカレンダーです。
FabLab SENDAI – FLATではこれに倣って、クリスマスシーズンになると色んな方法で毎日1つ数字を作ってきました。
2019年の作品はこちら)(2020年の作品はこちら

2021年は、FLATだけでなく日替わりで色んな方に参加いただき、25日までカウントアップしていきます!
素材も方法も自由な異種格闘戦で、作られる作品の幅もグッと広がった今年のアドベントカレンダー。
さてどんな数字が出てくるのでしょうか?

<< 前の数字 ||次の数字 >>

2021年の23日目はこちら ↓

“23” by Takawo Shunsuke


こんにちは.高尾俊介(@takawo)といいます.
普段は神戸にある甲南女子大学で教員としてプログラミングやCGについて教えつつ,
クリエイティブコーダーとして活動しています.

Advent Calendarにお誘いいただいたものの,
これまでのエントリのFab達人たちの技巧に恐れおののいているなかで,
良いアイデアがでるはずもなく…縮こまっていました(笑).
しかし締切も迫り,そうもいっていられない!
日々のコーディングの延長として,いつもどおり気負わず気楽に取り組んでみることにします.

[技術]
OpenProcessing

作ったもの

僕は取り組んでいるクリエイティブコーディングによるCG制作として,
3Dの文字が空間を飛んでいくようなものにしました.
23という数字に何か意味があるといいなと思いながら,
締め切りの時間に追われている状況をコードで書いてみることにしました.
時間が刻一刻と降っていくアンビエントな時計のようなものになりました.
23は……12月23日23時23分23秒にちなんでということで!(笑)



スケッチのURL
https://openprocessing.org/sketch/1414016


設立からずっとライフサイズで魅力的な,ここからしか生まれないと思える,ユニークなものづくりを発信している
「FabLab SENDAI – FLAT」の小野寺さん大網さんのお二人から今回お声がけいただけたこと,大変光栄でした.
来年はもう少し落ち着いて活動ができるはずなので,懲りずにお声がけください.
本当は23個コードでプロトタイプを作ろうと思っていたんですが,全然間に合いませんでした〜!(笑)


作者紹介

高尾俊介(@takawo)
クリエイティブコーダー。
詩を書くように自由にコードで自己表現するデイリーコーディングを提唱、実践している。
https://www.openprocessing.org/user/6533