UVプリンタで作ったレンズシートと画像パターンを重ね合わせて、
見る角度によって違う絵柄に変化するキーホルダーを作ります。
スマートフォンの専用アプリで絵を描いたり好きな画像を使って、
オリジナルのキーホルダーをデザインしましょう!

 

 

※こちらの動画で紹介されているイラストは一例です。
当日は、専用アプリを使用してご自身で絵を描いていただくか、お好きな画像を使用することができます。
(予め画像をご用意いただく場合、当日は画像データをUSBメモリ等でご持参ください。)

※事前に画像を用意されたい方へ(22.03.11更新)
Q. 画像のフォーマットは?
A. PNGまたはJPEGをご用意ください。

Q. 画像のサイズは?
A. 画像のサイズに指定はありません.正方形の画像をご用意いただけると作業がスムーズです。

Q. ドット絵を用意する必要がありますか?
A. 一般的な画像で大丈夫です。ドット絵の必要はありません。

Q. 画像の枚数は?
A. 2枚〜最大12枚までの画像を使用することができます。

 


 

日時:2022年3月20日(日) (1)10:30〜12:00/(2)13:00〜14:30(※午後の部は定員に達したため受付を終了しました)

参加費:無料

場所:FabLab SENDAI – FLAT
(980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-2-8 IKIビル4F-1)

対象年齢:4歳以上〜大人まで(小学生以下の場合は保護者ご同伴でお願いします。大人の方も大歓迎です!)

定員:各回5組程度(要事前予約)

お申し込み方法:以下のフォームよりお申し込みください。(3月18日(金)17:00締切)
https://docs.google.com/forms/d/1x9zC681uaqx9EenecJXdT_YDld8xRsqzbsTFF6UBiok/edit

主催者:公立はこだて未来大学 塚田研究室 島元諒

注意事項:
本ワークショップは、UVプリンタを活用した表現研究の一環として実施いたします。
作品や作業風景の写真等は、研究論文や発表資料に掲載させていただく可能性がございますこと予めご了承ください。
(作業風景等の写真につきましては、個人の特定がなされないようぼかしを入れさせていただきます。)

新型コロナウイルスの感染予防対策について

  • 会場では手指消毒用アルコールの設置や定期的な換気など、感染防止に取り組んでおります。
  • マスク着用、手指の消毒、咳エチケット、受付時の検温などの感染予防にご協力いただきますようお願い申し上げます。
  • 当日熱のある方、体調の優れない方はご参加をお控え下さい。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、必要が生じた場合に氏名・連絡先等の情報を保健所等の公的機関に提出する場合があります。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、予定を変更させていただく場合がございますこと、あらかじめご了承ください。最新情報はウェブサイトやSNS にて告知いたします。

お問い合わせ先:
公立はこだて未来大学 塚田研究室  島元 諒
g2121026@fun.ac.jp