仙台市泉区にある、体験型施設や交流スペースを設けた新しい業態の複合商業施設「ブランチ仙台」にて開催されている『デコブラ!』というプロジェクトにFLATが参加しております!(『デコブラ!』とは、「ブランチ仙台」が地元のクリエイターや団体と連携して館内を装飾(デコレーション)するプロジェクトです。)

9月、10月は、「つかうこと/つくること」というタイトルで、家庭などで大事に使っていたけれど、使用されなくなったり、壊れたものなどを、モノづくりを得意とする3団体が修理したり、新たな形に変化させ、中央広場内に展示します。大切にしていたモノを修理し再び使用できるようにすることもあれば、一人掛けの椅子を二人掛けに改造してみたり、壊れた机の一部を使用し、中央広場の小川に架ける橋に変容させてみたり・・・。元の使用目的と同じ「モノ」として生まれ変わるだけでなく、新たな役割として生まれ変わっていくことを通じて、直しながら長く使っていくことの大切さや、新たな使われ方に変化することを体感していただきます。

今回参加するのは、FabLab SENDAI – FLATのほか、同じ仙台市内で活動するDIY STUDIOさんとスタジオ開墾さん。10日間ごとに担当を交代して新しい作品を制作したり、他のグループが作った作品を改変するほか、現地でのリアルタイム制作作業もご覧いただくことができます。

FabLab SENDAI – FLATの前回の様子はこちら:http://fablabsendai-flat.com/2020/09/09/decobra_01/

 

2ターン目で私たちが制作したのは、「インクジェットプリンタの解剖標本」。
普段使っているものの中身がどんなふうになっているのか。また部品の役割だけでなく、それぞれがどこでどのようにどれだけの時間をかけて作られてきたのかを想像してもらいと考え、こちらの作品を作りました。

前回の指スケートボードパークと合わせて、こちらもぜひぜひご覧ください!

 


会場
ブランチ仙台
宮城県仙台市泉区長命ヶ丘2-21-1(WEST)・仙台市青葉区桜ヶ丘7-40-1(EAST)
https://www.branch-sc.com/sendai/