FLAT BLOG

2014.6.14

6月21日(土)開催『”乾漆シート”でつくる、こけしブローチワークショップ』参加者募集中です!

こんにちは、スタッフ小野寺です!

 

現在、6月21日(土)開催の『”乾漆シート”でつくる、こけしブローチワークショップ』に向けて、ブローチに使用するパーツを制作しています!

1509018_487229908054120_1954244401_n

こけしの体部分の模様パーツは、ベージュ以外の7色をご用意する予定です。とてもカラフルで、見ているだけでワクワクしますね!

 

P1050895

パーツの切り出しはレーザーカッターで行ないます。当日のこけしの顔を加工する際にもこちらのマシンを使用します!

 

P1050904

レーザーカッターは、レーザー光で様々な素材をカットすることのできるマシンです。ですので、素材によっては断面が焼けこげたり、すすが発生します。乾漆シートの場合もすすが付いてしまうので、レーザーでカットした後に表面を磨く必要があります。レーザーカッターでの加工の様子を見てみたい、体験してみたいという方もワークショップにぜひご参加くださいね!

 

****************************************

 

kokeshi_0621_banner_big

漆デザイナーであり宮城大学デザイン情報学科にてご指導されている土岐謙次さん、市内に工房を構える株式会社郷 自然工房さんによって開発・制作された”乾漆シート”を使って、オリジナルグッズを作ってみませんか?今回は、県内を中心に活動をしていらっしゃるもぐら社のGonさんにご協力いただき、とても可愛らしいこけしのブローチを制作します!

 

◆もぐら社 Gonさんより一言

東北の温泉地を中心に作られている伝統こけしに魅了され、こけしの蒐集と共にこけし絵を描き、雑貨を制作しています。もぐら社の雑貨をきっかけに、伝統こけしそのものやこけし工人さんに出会う楽しみ、産地を巡るおもしろさを伝えることができたらいいな、という想いで活動しています。

今回は、宮城県の伝統こけしの中から鳴子系こけしをモチーフにしたブローチを作ります。乾漆シートの質感と色合いがこけしの雰囲気と合わさり、とてもかわいい仕上がりになりました。自由に顔を描き入れて、オリジナルのブローチを作りましょう。当日はこけしや資料もお持ちしますので、こけしに興味がある方はもちろん、こけしってなあに?という方もお気軽にご参加くださいませ。

 

****************************************

 

P1050684

開催日時:6月21日(土)  ②14:00〜 / ③15:30〜(所要時間1時間程度)

※①12:30〜の回は、好評につき受付を終了しました!

開催場所:FabLab SENDAI – FLAT

講師:もぐら社 Gonさん(http://mogurasha.com/

参加費:1,000円

定員:各回6名

内容:

当日は、こけしのテンプレートにお好きな顔を描いて頂き、それを元にレーザーカッターで”乾漆シート”を加工します。その後、好きな色の模様パーツを組み合わせ、ブローチのかたちに仕上げていきます。(体部分の模様は1種類のみです。)あらかじめ、どんな顔にしたいかお考えのうえご参加ください。

お申し込み方法:

件名に『6月21日(土)ワークショップ参加希望』とご記入いただき、 本文に『参加希望回(② or ③)』・『参加者氏名』・『連絡先電話番号』・『メールアドレス』・『参加希望人数』を明記の上、flat@annolab.comへメールにてお申し込みください。

 

※注意事項※
生の漆には肌がかぶれる成分が含まれています。ワークショップで使用する乾漆シートは乾燥させているため安全ですが、漆アレルギーをお持ちの方は稀に症状が見られる場合があります。予めご了承ください。

****************************************