こんにちは、スタッフ小野寺です!

2014年6月21日(土)に特別ワークショップとして開催し、その後10月より定期ワークショップとして毎月第3土曜日に開催してきた『“乾漆シート”でつくるこけしブローチワークショップ』ですが、ついに全6回が終了しました!6月開催分を含めると、実に44名の方にワークショップへご参加いただき、44種類ものこけしが生まれました( ´ ▽ ` )ノ

 

ワークショップには、こけしファンという方からデジタルファブリケーションにご興味がある方、漆がお好きな方まで、様々なバックグラウンドをお持ちの方が参加してくださいました。毎回ワークショップのはじめには、FabLab SENDAIの伝統工芸に関する取り組みや職人さんとのプロジェクト等についてご説明させていただいたのですが、みなさんとても熱心に聞き入っていたのが印象的でした。

P1110802

 

なかでも、やはりレーザーカッターをでの乾漆シートの加工は毎回大盛り上がりでした!ほとんどの方がレーザーカッターを見るのも初めてということで、自分の書いたイラストがそのままどんどん彫刻される様子にとても驚いていらっしゃいました。

P1120633 P1120625

 

こけしの顔だけでなく、体の模様パーツの色づかいによっても、その印象が大きく変わります。何度もパーツを当てては交換し…と、納得のいく色合いを探すのもこのワークショップの面白いところですね!

P1120282

 

回を重ねるにつれて、表情や色づかいのバリエーションだけでなく、パーツを重ねて立体感を出すという技が編み出されていったのもとても面白かったです。

P1110811 P1110814

P1110816

P1120637 P1120640
P1120642 P1120644

P1120290

P1120288 P1120294

P1120284

 

この『“乾漆シート”でつくるこけしブローチワークショップ』はここで一度お休みとなりますが、また機会を設けて開催したいと考えておりますので、今回はご都合が合わなかった方も、次回はぜひご参加くださいね(^o^)!

ご参加いただいたみなさん、もぐら社Gonさん、本当にありがとうございました!

 

[使用機材]

レーザーカッター”Trotec Speedy100