FLAT BLOG

2014.2.21

同じデータでも加工方法を変えると…?

FLATでは、ユーザーさんの創作活動を刺激するために、日々作品サンプルを制作しています。

今日はスタッフMの「からしレンコン」をご紹介します!

 

P1030489

データそのものは単純なラインのみで作られていますが、こんなふうにMDFとアクリル板を組み合わせることで、ユニークな質感になりますね。レーザーカッターでカットをしているため、それぞれの素材をぴったりはめ込むことができます。

 

P1030482

更に、レーザーカッター用に作成したAdobe Illustratorのデータは、そのままデジタルミシンで刺繍用データに変換が可能です。レンコンの穴の中にみっちりカラシが詰まっていて、とても綺麗に仕上がっています。(ちなみに、今度はこの「からしレンコン」を3Dプリンタで出力したいとのことです。)

 

こんなふうに、同じデータでも色々な加工方法をしてみると、それぞれに全く印象の違う作品になります。それぞれの機材に合わせてゼロからデータを作るだけではなく、他の機材で使用したデータの転用もオススメですよ!